電力供給端子が水に濡れると漏電の危険性があるのでご注意ください。万が一、電力供給端子が濡れてしまった場合は、使用を停止し、十分に乾燥させた上で使用してください。