油業報知新聞社の取材記事にて掲載されました。

アクエネオス3商品の紹介記事が本日付けの弊紙4面(用品版)に掲載されました。


 

防災用発電機の製造販売事業を手掛けるAquaPowerEnergy(アクアパワーエナジー、東京都港区、森俊哉社長)は、一定濃度の塩水を注液するだけで室内で安全に発電が行える水発電機「アクエネオス」シリーズでらら向けに販売攻勢をかける。森社長は浄水器の販売や地盤改良工事、軍事業などに携わり、また阪神・淡路大震災での被災や東日本大震災支援事業を経て水発電機技術と出会い、災害時の救難対応に役立つ「アクエネオス」を開発。二〇一九年一〇月、一号機を発売した。ブランド名は地球環境に優しい次世代の「水×エネルギー」に由来している。同シリーズは、乾電池の設置や燃料による充電が不要。挿入したマグネシウムカートリッジの合金が内部に侵入した空気と化学区応を起こし電気を発生する原理で、緊急の際に身近にある手頃な塩水(海水、雨水などを含む)を入れスイッチを押すだけで通電。長期停電時にもカートリッジの交換のみで繰り返し使用できる画期的な機材となっている。様々なニーズに応えるラインアップのうち、三モデルをクローズアップする。主力商材と位置付けている「アクエネオスキャリー500」は、高さ五三cm×幅三〇cm×奥行き五〇cmのスーツケースタイプで、手動で持ち運べるよう四つの車輪がついている。本体重量は二六cmで使用時の加水後は三六cm。本体価格は税込み六九万八千円必要な塩水容量は水一二リットルに対し塩一二〇〇g(塩分濃康尽〜一〇%)定格出力=一四〇wで連続運転時に最大稼働時間が約二〇時間(定期的メンテナンスは不要だが、使用開始後六〇〇〜七〇〇w、”毎時ごとに塩水交換が必要。一四〇wでの連続運転時では約四〜五時間ごと)。二O時間以上の稼働はマグネシウムの消耗により別売マグネシウムカートリッジ(一二枚一組)への交換が必要となる。その他の主な仕様は、最大出力=AC電源五〇〇w、電気容量=計三三OOw每時、五Vの出力USBポート二個付き。避難所、病院、介護施設、オフィス、アウトドア施設や商業施設、一般家庭等で使用するLED照明、スマートフォン、パソコン(ノートおよびデスクトップ)、家庭用冷蔵庫、扇風機、液晶テレビなど家電全般を充電でき、災害・停電時には生命維持装置や介護装置、照明なども給電して使の安全を確保する。また停電の際には蓄電池が自動で一定時間電気を供給し動作停止やデータ損耗を防止するUPS(無停電電源装置)機能が装備される。最新機種の「アクエネオスキャンプ85」も同様の機能を持つが、サイズが高さ五〇cm×幅28.5cmX奥行き二五cm(突起部分を含まず)とひと回り小さく重量も一一kgと軽量(使用時の加水後は一七kg)。本体価格は税込み三四万九千円と入手しやす必要な塩水容量は水六Lに対し塩六〇〇g(塩分濃度は前のと同じ)。定格出カー七〇wでの連続運転に最大稼働約二〇時使用開始後三〜三五w毎時どとに塩水交換が必要(70w運転時では約四〜五時間ごと)。使用継のための交換用カートリッジは六枚一組となる。その他の仕様は、最大出カ=AC電源85w電気容量=計1400w毎時(マグネシウム一組当たり)。「アクエネオスミ二」は、高さ一九cmX幅一二,七cmX奥5.3cmともっともコンパクトで、体重量六七四g価格も税込み一万九八〇〇円と最安価だ。必要な塩水容量は水二七五mlに対し塩、25g電気出力はUSB給電においては3.0w、ledライト場合1.5w使用能時間はUSB給電の場合約一六時間、LEDライト使用で約110時間。マグネシウム消耗後の稼働に必要な交換用の別売マグネンウムカートリッジ(3枚1組)あり。その他の仕様は電気容量=一万一千ミリアンペア毎時。5Vの出力USBポート一個付き。LED照明やスマートフォン、USB扇風機、USB電気毛布などの身近な家電機器とするが、前記二機種に比べると用途の幅が若干狭くなっている。スマホの場合は一交換ごとに三〜四回のフル充電が可能だ。とりけクルマのトランクームなどに入れて移先に持ち込める汎用性が特長だ。なお前記三機種も、使用時に騒音もなく有害物質を排出しないことも魅力となっており、水容器、計量力ップ、初回分のマグネシウムカートリッジ一セットなどが共通の付属品となっているか、キャリータイプは専用の無停電装(UPSインバータ)が付属する。森社長は、従来から考えられていた塩水用の発電原理に着目しUPS機能を付加して製品化したのは世界初の試みであると強調。「キャンプ85タイプでは、本体にUSB用の差込口が一〇個とインバータ用のものが2個、合計一二個のポートがあり、AC100vの家電製品は二台同時に使える。現在は各地のNEXCO(高速道路公団)や岐阜県海津市、同関市など公共機関で導入され実用化している」と語る。「とりわけ注目していただきたいのは、常の発電機はその危険性から使う場所が限られるが、本機は室内をはじめどこででも安全に利用できること。キャリーとミニのカラーリングにも注目してほしい。有名宝飾品ブランドの彩色を参考に色・形状に工夫を凝らし、女性にも気に入ってもらえるデザイン。当社の製品をエネルギー業界の多くの方に紹介し、導入を検討して頂きたい」同社では今後も、の動力源としての用途など、新たなインフラシステムに向けた利用拡大を目指す。

 


内閣官房国土強靭化水発電機AQUENEOUSは、内閣官房国土強靭化推進室から60社の中に選ばれ、防災対策とSDGsの模範とされる世界初の室内分散型非常用電源です。

水発電機AQUENEOUSは、特許公開番号 特開2021-064462、実用新案登録  第3226310号

水発電機とは 無音、無公害で地球環境を汚さない世界初の室内分散型非常用電源でかつ無停電装置のことで、 インフラも屋内配線も必要とせず、建物が浸水した時は無敵の発電機です。

その構造は 塩水の中でマグネシウムと空気が化学反応を起こし、電気を生み出す技術を使い、停電を自動的に回避して電気を供給し、カートリッジを交換するだけで永続的に室内で電気供給することが目的で開発されました。

製品に関しての資料請求・購入・ご相談などお気軽にお問合せください。

 

 

商品購入・資料請求はこちらから
https://aqueneous.com/purchase

 

 

代理店契約の詳細・資料請求はこちら
https://aqueneous.com/partners_form

 

2022年02月10日

カテゴリー:

< 前へ戻る